瀬戸康史の英語ペラペラ動画が凄すぎる?!2018出演ドラマはこれだ!!

俳優

瀬戸康史さんと言えば、ドラマ『海月姫』でとても綺麗な女装姿を見せて視聴者を驚かせましたよね。

そんな瀬戸康史さんが英語をペラペラと話す動画が凄すぎるというのです。

そして2018年7月にドラマに出演することが決定したので、その情報と合わせて調べていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

瀬戸康史さんのプロフィール

生年月日:1988年5月18日
年齢:29歳
出身地:福岡県
血液型:A型
身長:174cm
職業:俳優
事務所:ワタナベエンターテインメント

2005年、「D-BOYSオーディション」で準グランプリを受賞。D-BOYSに加入し、芸能界デビュー。

2008年、テレビドラマ版『恋空』の主人公・ヒロ役で出演。

2010年、D-BOYSの中から選ばれた5人組ユニット『D☆DATE』のメンバーとなる。

2014年、『D-BOYS 10th Anniversary Project ショートフィルムフェスティバル』で15分のショートフィルム『10年目の告白』で初監督をつとめる。

2017年、主演舞台『関数ドミノ』の演技で、第72回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。

2017年、ドラマ『先に生まれただけの僕』で教師役を務める。

2人の妹を持つ瀬戸康史。

ひとりは元『non-no』専属モデルで女優の瀬戸さおり、もうひとりは一般女性。

瀬戸康史の英語ペラペラ動画が凄すぎる?!

瀬戸康史さんは「合葬」という映画で主役を演じ、国際映画祭にも和装で参加しました。

そんな彼は、実は英語とフランス語がペラペラ。しかもただ話せるというだけでなく、発音も良いそうなんです。

堂々として本当に素晴らしい!!カンペを見るわけでもなく、最後まで流暢に話される姿がとても凛々しいですよね^^

フランス語を必死に勉強して短期間で習得したそうです。

それでこれだけ発音まで上手になるのですから本当に凄いですよね!

そして、『先に生まれただけの僕』では英語の教師役をしました。

瀬戸さんの英語力③👏👏 #先に生まれただけの僕 #瀬戸康史

べあー✩さん(@d.date518)がシェアした投稿 –

この作品でも英語力は絶賛されました。

そして、2012年のドラマでは航空管制官役を演じた瀬戸康史さん。

航空管制官役の方は他にもいて、それぞれ英語で話す場面があったそうですが、英語の発音が断トツで良かったそうなんです。

外国語大学に通っている方からも発音が絶賛されていたのだとか。

そして『海月姫』でもその実力を披露!

ドラマ『海月姫』8話のカイ(賀来賢人さん)と蔵之介(瀬戸康史さん)が英語で言い争うシーンがありましたが、蔵之介(瀬戸康史さん)の英語もネイティブに近い感じで素晴らしいものでした。

フランス語も英語も練習して上手になられたようですので、瀬戸康史さんの努力というものは本当に素晴らしいものがあると思います^^

2018出演ドラマはこれだ!!

2018年1月スタートのドラマ『海月姫』で蔵之介役で出演していた瀬戸康史さん。

どうやら2018年7月20日スタートのNHKドラマ『透明なゆりかご』に出演が決定しています。

『透明なゆりかご』

町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、“命とは何か”を問い、見つめてゆく物語。

累計325万部超、20~30代の女性を中心に圧倒的な共感を呼んでいる、沖田×華さんの漫画作品をドラマ化。脚本は、NHK総合で初執筆となる安達奈緒子さん。主演は、これがドラマ初主演となる清原果耶さん。物語は幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、時に明るく、時に切なく、主人公たちの命への“祈り”にも似た想いをつむいでゆく。観ていてどこかほっこりする、でも心の底までズドンと来るような、そんなドラマをお届けしたい。

出典:NHK

原作は沖田☓華さんの漫画

【あらすじ】
1997年・夏。17歳のアオイ(清原果耶)は、アルバイトの看護師見習いとして「由比産婦人科」へやって来た。いきなり中絶手術の現場を目の当たりにし、衝撃を受けるアオイ。しかし、何事も丁寧にあたる院長・由比(瀬戸康史)や、頼りになる先輩看護師・紗也子(水川あさみ)、おだやかな婦長・榊(原田美枝子)らスタッフは、妊婦ひとりひとりにしっかりと向き合い、支えていた。アオイの母・史香(酒井若菜)は不器用でコミュニケーション下手な娘を心配するが、アオイは独特の感受性と根の優しさで、妊婦さんたちの心に寄り添ってゆく。「命って、何だろう…」産まれて来る赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、アオイは自問自答し、少しずつ成長してゆく――

出典:NHK

瀬戸康史さんは産婦人科の院長・由比役で出演します。

そんなドラマについて瀬戸康史さんはブログに思いを綴られています。

透明なゆりかご

テーマ:ブログ

今年7月からNHKで放送が始まる『透明なゆりかご』に出演することが決まりました。

今作は沖田X華さん原作の漫画で、町の小さな産婦人科を舞台にそこで起こる“日常”を描いた作品です。

僕はそこの院長、由比朋寛を演じます。

まず、僕がイメージしていた産婦人科は赤ちゃんの産声やお母さんや家族たちの涙など、幸せでプラスのエネルギーに溢れているイメージでした。

しかし、この漫画や脚本を読んで産婦人科での日常というものを知り、いろいろと理解するまでに時間がかかり暫く椅子から立ち上がれなかった。

生まれてくる命もあれば、亡くなっていく命もある。

生と死がこんなにも近くにある現場なのか…

それを毎回受け止める産婦人科で働く人々。

「この作品で命の尊さを伝えたいです」とかって簡単に言えるものではなく、もっと様々な事を見てくださった方は感じるはずです。

そもそも命が宿るってそれだけで奇跡なんですよね。

その命を支える家族や産婦人科で働く人を含めた周りの人々。

今作はまだ何も知らない主人公が命に対してダイレクトに反応し、立ち向かい、受け止めていく姿に胸が熱くなります。

それとは逆に僕が演じる由比はプロとして反応し、立ち向かい、受け止める。

命とは何なのか…改めて考えさせられる作品です。

是非、ご覧ください。

出典:https://ameblo.jp/koji-seto-we/entry-12367806693.html?timestamp=1523510415


何気に九州弁がとっても可愛いですね^^

楽しく撮影されている様子が伺えますね!

2018年7月20日スタートします!

とっても楽しみですね^^

まとめ

瀬戸康史さんの英語力、そしてフランス語力は本当に凄いですよね!

モントリオール世界映画祭ではフランス語で挨拶をするために、必死に練習をされたようです^^

練習だけであれだけの発音で話せるようになる瀬戸康史さんの努力は本当に素晴らしいものがありますよね!

堂々と挨拶する姿はとても凛々しいものがあります。

そして、数々のドラマで披露されている英語!こちらもとても素晴らしい発音でした!

2018年7月にはNHKドラマ『透明なゆりかご』にて産婦人科の医院長役で出演されます。

4月末にクランクインされたばかりで、とても楽しみですよね^^


 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。