初夏にしっかりお肌のエイジングケアで美肌を手に入れる!

美容

初夏は気温が上がって代謝もが盛んになります。

更に、まだまだ昼と夜との寒暖差が激しかったり、急に寒い日があったりと、肌にとっては過酷な環境なのです。

代謝が盛んになっているぶん、トラブルも大きくなる傾向にあります。

そんなに汗をかいていないつもりでも皮脂はたくさん出てしまうなど、肌に汚れがつきやすい季節でもあります。

紫外線は5月あたりからピークを迎えるため、今までと同じ感覚でいると後で困ったことになります。

激しい気温差や、新生活での精神的な緊張など何かと身体や心にストレスが多いこの時期はホルモンバランスの変調もありますので、そもそも不安定な季節でもあります。

この季節にしっかりとしたエイジングケアをして美肌を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク

 

初夏のスキンケアで注意すべきこと

5月になると湿度が高くなり乾燥肌のリスクは低くなります。

そして、5月は気温や湿度の関係から、肌が育ちやすくターンオーバーにも良い季節と言われています。

ただ、上記で述べたように新生活でのストレスや皮脂が急激に増えることから肌荒れしやすい季節でもあります。

また5月になると紫外線のレベルが上がってきますので、しっかりとしたUVケアも必要となってきます。

さらに5月はヒノキ、ブタクサ、カモガヤ、シラカバなどの花粉が飛散していますので、花粉症による肌荒れのリスクも高い季節となっています。

初夏は、意識的にスキンケアをしていくべき季節なのです。

スキンケアとエイジングケアの基本

スキンケアの基本は、清潔、保湿、紫外線対策です。

ですが、季節によってその優先順位は違ってきます。

5月になると紫外線のレベルが「強いレベル」となります。ですので、紫外線の対策が5月からのスキンケアの最優先事項となります。

UVケアの重要性

まず意識すべきなのは紫外線A波の対策です。

紫外線A波は、主に、肌の深い部分(真皮)まで届いて、ハリや弾力の低下を招きます。

紫外線B波は、主に肌の表皮部分でシミの原因をつくります。

紫外線A波は、ガラスをすり抜けてきますので、カフェの窓際の席や自宅にいるときにも気をつけなければなりません。

紫外線B波は、紫外線A波に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。

紫外線B波を防ぐことも必要ですが、紫外線A波をしっかり防ぐことが、将来の自分の肌を守るうえでとても重要であると言えます。

UV対策としては、まずは日傘、帽子、サングラスなどで紫外線をカットしましょう。

その上で、日焼け止めの使用も必須となってきます。

5月の紫外線レベルは、夏と同じ、あるいはそれ以上と考えた対策を行うことが大切です。

紫外線A波対策として、PA++以上を目安に日焼け止めを使いましょう

一方、紫外線B波を全く浴びないとビタミンD不足で骨粗鬆症のリスクが高まったり、高血圧や糖尿病などのリスクがある可能性も指摘されています。

ただし、15分程度の日光浴で十分ビタミンDは合成できるので、過剰な紫外線対策を行わなければ、上記で述べたリスクはあまり心配しなくても大丈夫です。

抗酸化ケアも必要

活性酸素の対策もエイジングケアには大切です。

酸化予防のために活性酸素を排除することを考えましょう。

活性酸素を排除するためには、抗酸化作用の高い食べ物を意識的に摂ることです。

以下の食材には抗酸化作用がありますので、積極的にとりましょう。

  • ビタミンA モロヘイヤ、にんじん、ほうれん草、春菊など
  • ビタミンC 赤・黄ピーマン、アセロラジュース、レモン、キウイ、ケールなど
  • ビタミンE 植物性油脂、いくら、たらこ、オイルサーディン、モロヘイヤ、ナッツ類など
  • リコピン    トマト、すいか、さくらんぼなど
  • ポリフェノール 赤ワイン、ブルーベリー、カカオなど
  • イソフラボン  豆乳や豆腐など大豆製品
  • ペクチン    りんご、みかん、あんずなど

これらを意識して摂ることでお肌の酸化を防ぐことが可能です。

洗顔

気温が急上昇して皮脂腺も活発化するため、皮脂の分泌量が増えてきます。

不要な皮脂はしっかり、また、優しく洗い流しましょう。

もし、いちご鼻など毛穴の黒ずみが気になったり、角質肥厚などを感じるなら、酵素洗顔なども取り入れてみましょう。

いつもより念入りに、しかし優しく洗顔しましょう。洗顔料をしっかり泡立てて、強く擦らないようにします。

クレンジング

また、クレンジングも季節にかかわらず優しく行うことが大切です。

特にエイジングケア世代は優しいタイプのクレンジング料を使いましょう。

アミノ酸系界面活性剤を使ったクレンジングミルク、クレンジングクリーム、クレンジングジェルなどがおすすめです。

保湿

5月は、基本的にはお肌の潤いが増す季節です。

ですが、スキンケアの要である保湿に手を抜いてはいけません。

アミノ酸誘導体、ヒアルロン酸などは水溶性で保湿力の高い成分なので、化粧水でも補いやすい成分です。

しっかり洗顔して皮脂が落ちてしまった肌は乾燥しやすくなります。

初夏で汗ばむこともあると思いますが、それは肌内部の水分が外に出てしまっているということですから、 化粧水での水分補給は忘れずにしましょう。

この季節は乾燥肌やインナードライ肌、敏感肌以外の方は、保湿クリームや乳液などは不要で、化粧水と美容液で十分な保湿ができたりします。

脂性肌の方は、むしろ皮脂対策が必要な場合もあるのでビタミンC誘導体化粧水などを取り入れるといいでしょう。

ただし、肌が疲れていると感じる場合、また紫外線に当たりすぎたと感じる場合には、しっかり保湿ケアを行いましょう。

そんな時は、セラミド美容液やセラミドクリーム、密閉効果の高いバイオセルロースのフェイスマスクなどを使うのが、オススメです。

化粧水で補給した水分を美容液でとじこめます。

美容液をつけながらマッサージをすることで翌日の肌の張りが違ってきます。

保湿クリームや乳液は5月のスキンケアでは不要とお伝えしましたが、美容オイルも同じです。

美容オイルのはたらきは、「水分の蒸発を防ぐ」ことです。

5月は、皮脂分泌が十分で皮脂膜も十分あるので、その上に美容オイルを塗ると表皮常在菌のバランスを崩してしまうリスクも

お肌の乾燥を感じないなら、美容オイルは控えてもいいと思います。

化粧水の選び方

肌質は大きく分けて4つあります、普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌。

自分自身の肌質はどれに当てはまるのかきちんとチェックしてみましょう。

おうちで出来る!自分の肌質セルフチェック

洗顔をする。

基礎化粧品を一切つけず、10分待つ。

10分後のお肌をチェック。

このお肌の状態で、あなたの肌質を判断することが出来ます。

①肌がつっぱらず、テカりも見られない…普通肌
②肌のツッパリは見られないが、全体的にテカりがみられた…脂性肌
③肌がつっぱり、部分的にテカりがみられる…混合肌
④肌がつっぱり、皮脂によるテカりがほぼない…乾燥肌

自分の肌質が分かったら、次はその肌質にあった化粧水を選んでいきましょう。

①普通肌

どんな化粧水でもケアしやすい肌質なので一般的な化粧水で対応することが出来ます。冬場は、ややしっとりとした使い心地の化粧水を、夏場はさっぱりと引き締め効果のある化粧水を選ぶとよいでしょう。

②乾燥肌

乾燥肌タイプの方の化粧水選びは、保湿性は勿論のこと、「油分を含んでいるか」も大事になってきます。

水分と油分のバランスこそが乾燥肌ケアのポイント。

保湿だけでなく、補った水分を閉じ込める効果のある成分は、セラミドやヒアルロン酸。

成分の中に、これらが配合された化粧水を選ぶと良いでしょう。

③脂性肌

脂性肌の方は、過剰な油分を減らし、水分をしっかり入れるケアが必要です。

化粧水選びの際は、ビタミンC 誘導体配合の化粧水がおススメです。

ビタミンC 誘導体は過剰な皮脂分泌を抑制しニキビ炎症を整える効果もあります。

洗顔後は皮脂が落ち、肌の水分が逃げやすい状態なので、なるべく洗顔後5分以内にしっかり保湿をしましょう。

化粧水の量はたっぷりと、肌なじみを良くするために手でしっかりつけることをおすすめします。

④乾燥肌

混合肌の方のポイントは「保湿成分」と「皮脂を抑える働きを持った成分が入っているか」の2つを満たしている化粧水を選ぶことです。

保湿成分はセラミドやプラセンタといった成分、皮脂を抑えるのは、ビタミンC誘導体。

どちらもバランスよく配合された化粧水がおススメです。

 

肌ストレスの原因は?

初夏の肌ストレスの元は気候や湿度や紫外線だけではありません。

Tゾーンがテカリはじめて、自分の肌質をオイリー肌と勘違いしてしまうことで、肌ストレスは起きてしまいます。

勘違いによって肌表面はオイリーなのに肌内部では乾燥が進むというインナードライになってしまうこともありますので、 しっかりと自分の肌を見極めながらスキンケアを行っていきましょう。

きちんと保湿していれば大丈夫なので、クレンジングと保湿は怠らないようにしましょうね。

美肌のために取りたい食材

スキンケアも大事ですが、美肌の基本を支えるのは食べ物でもあります。

この季節の旬の食べ物をしっかりと摂取しましょう!

野菜では、アスパラガス、春キャベツ、グリーンピース、たらの芽、ぜんまい、わらび。

果物では、甘夏みかん、グレープフルーツ、さくらんぼ、ビワ。

魚では、いさき、まあじ、赤貝、しゃこ、かつお、めばる、アサリ。

どんな食べ物も旬が美味しく栄養価も高い場合が多いですので、出来るだけ旬の食べ物を取り入れるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

比較的過ごしやすい季節となってきますが、紫外線が強くなったり、新生活のストレスが肌に現れたりとお肌にとっては要注意な季節となります。

紫外線対策を最優先し、洗顔、保湿にも充分に気を配ってエイジングケアを怠らないようにしましょう。

皮脂により、肌が潤っているように感じられても、実はインナードライだったりしますので、自分の肌をしっかりと見極めて、保湿に気を配ばらなければなりません。

また肌のためにも旬の食材をしっかりと取り入れ、内側と外側、両方のケアをきちんと行っていきましょう。

日々のケアにより1年後の肌に大きく関わってきます。

毎日のケアを欠かさず行っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。