2019大河ドラマ『いだてん』宮藤官九郎脚本がめちゃくちゃ面白い!

ドラマ

2019年1月から放送予定の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』。宮藤官九郎さんのオリジナル脚本で痛快&壮大なドラマを制作!東京オリンピックを翌年に控えた2019年、このドラマを見れば東京オリンピックの見方が変わる!?そんな期待大の大河ドラマのあらすじやキャストについて調べてみました(〃∇〃)b

 

スポンサーリンク

 

2019大河ドラマ『いだてん』あらすじ

 

“オリンピックに初参加した男” 金栗四三と“オリンピックを呼んだ男” 田畑政治
日本のオリンピックは、マラソンの金栗四三と陸上短距離の三島弥彦、たった2人の選手から始まった。まだ“スポーツ”の言葉もなかった時代。1912年に初参加した「ストックホルム大会」で、金栗は日射病で失神、三島も大惨敗。だが、そこから持ち前の根性で猛勉強、日本はスポーツ大国へと成長する。1936年の「ベルリン大会」では、水泳の前畑秀子をはじめ金メダルを量産。念願の「東京オリンピック」招致を勝ち取る。だが、時代は戦争へと突入、夢は幻と消えてしまう。 敗戦。田畑は蛙と芋で飢えをしのぎ、執念で競技を再開。ついには、1964年の「東京オリンピック」を実現する。
戦争、復興、そして…平和への祈り。オリンピックには、知られざる日本人の“泣き笑い”の歴史が刻まれている。ドラマでは、1912年「ストックホルム」から、1936年「ベルリン」、1964年「東京」までの3大会を中心に、激動の52年間を描いていく。

語り手は、“落語の神様”古今亭志ん生
ドラマの語りは、稀代の落語家・古今亭志ん生。架空の落語『東京オリムピック噺』の軽妙な語りにのせ、“笑いの絶えない”日曜8時のドラマを目指す。 また、志ん生自身の波乱万丈な人生もドラマに挿入。 生粋の江戸っ子である志ん生の目線で、明治から昭和の庶民の暮らしの移ろい、“東京の変遷”を映像化していく。大河ドラマ初の4K制作で描く、「東京&オリンピック」の物語。

このドラマを見れば、2020年・東京オリンピックの見方が変わります!

出典元:NHK

 

描かれるのは日本が初参加となった1912年のストックホルムオリンピックから1964年の東京オリンピックに至る52年間!マラソン選手として日本人で初出場しながら、不本意な結果に終わった金栗四三と、東京にオリンピックを招くために尽力した田畑政治、2人の日本人の苦労と奮闘を3部構成で描かれています(о´∀`о)b

 

脚本家の宮藤官九郎さん自ら「いいのかなっていうくらい。(期待して)大丈夫だと思います」とのこと!! ますます期待が広がりますね!!

 

脚本家 宮藤官九郎さん

 

View this post on Instagram

 

宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLDさん(@kudokankuro_anng)がシェアした投稿


大ヒットを記録した『池袋ウエストゲートパーク』 や『木更津キャッツアイ』など数々のヒット作の脚本を担当した宮藤官九郎さん。実は意外にも初めて実在のモデルがいるドラマを担当したとのこと!どんなドラマに出来上がるのかとても楽しみですね(о´∀`о)b

 

キャスト

金栗四三 : 中村勘九郎さん


出典元:http://fqmagazine.jp/52798/kankurou/

熊本の山奥で育った超自然児にして“いだてん”。オリンピックの言葉も知らずにマラソンの予選会で世界記録を樹立する。ストックホルムオリンピックに参加するものの、日射病で失神してしまうという不本意な結果に・・・。4年後の再起を誓い練習に励むのですが第1次大戦でベルリンオリンピックが中止となる悲運。夢を後進に託すべく学校の先生になり、箱根駅伝を創り、多くの弟子を育てる。のちに「マラソンの父」と呼ばれるようになった人物。

 

田畑政治 : 阿部サダヲさん

 

View this post on Instagram

 

阿部サダヲ SADAWO ABEさん(@sadawoabe_fan)がシェアした投稿

“水泳のために生まれた男”、といっても本人は病弱で泳がない。政治記者をしながら、水泳の指導者としても多くの人材を育成し、ロス・ベルリンの両大会に参加。平和の祭典としてのオリンピックに魅了される。以来東京オリンピックの実現に執念を燃やし尽力するも、戦争により幻となる。

一度は幻に終わった東京オリンピックを、さまざまな活動を通して実現させた立役者の一人。組織委員会事務総長として開催を成功に導きました。目的に向かい猪のように突進する熱情家として知られています。

春野スヤ : 綾瀬はるかさん

 

View this post on Instagram

 

@pamyurihoがシェアした投稿

後に金栗四三の妻となる春野スヤ。金栗とは同じ熊本出身の幼なじみであり、医師の家に生まれた太陽のごとく明るいお嬢様。 結婚後は2人で様々な苦難を乗り越え、オリンピックに向かって突き進む金栗を支え続けた妻として知られています。

三島弥彦 : 生田斗真さん

 

View this post on Instagram

 

Japon Sineması Platformuさん(@japonsinemasi)がシェアした投稿

東京の麹町出身で、父が警視総監、兄が日銀総裁という名家に生まれた三島弥彦。エリート街道を歩むかたわら、学生の頃からスポーツ万能で知られ、陸上選手として金栗とともにストックホルム大会に日本人初出場を果たしました。 次のベルリン大会への出場も目指しましたが、第一次世界大戦で中止になったことで次第に競技から遠ざかります。帝大卒業後は銀行に入行し、第一線のスポーツ界から退く道を選ぶ。

シマ : 杉咲花さん

 

View this post on Instagram

 

杉咲花さん(@hanasugisakifan)がシェアした投稿

三島弥彦の屋敷で働く女中シマ。弥彦のことをよく理解する立場に立ち、やがてスポーツの持つ魅力そのものに目覚めていきます。 まだ女性がオリンピックに出場することには大きな障壁があった時代にいち早く女性の可能性に気づいた金栗四三のもと、その先駆的存在になっていきます。

 

野口源三郎 : 永山絢斗さん

 

View this post on Instagram

 

@_aka_to_ao_がシェアした投稿

金栗の後輩であり、マラソン選手としてオリンピック予選に共に参加した野口源三郎。ストックホルム大会に出場は叶わなかったものの、アントワープ大会には主将として出場しました。 一線から退いたあとも、大日本体育協会の理事としてスポーツ振興に貢献。

美川秀信 : 勝地涼さん

 

View this post on Instagram

 

勝地涼さん(@ryo.katsuji.official)がシェアした投稿

金栗の幼なじみとして熊本の中学から東京高等師範学校まで一緒に過ごすことになる同級生の美川秀信。努力家の金栗とは対照的に、教師になる夢から挫折して落ちこぼれる。

 

大森兵蔵 : 竹野内豊さん

 

View this post on Instagram

 

sora💋in tokyoさん(@choisora00)がシェアした投稿

日本初参加となったストックホルムオリンピックの日本選手団監督の大森兵蔵。その前年には大日本体育協会を設立し、理事に就任。 米国で学び、バレーボールとバスケットボールを日本に初めて紹介した人物。アメリカ人女性と結婚し、当時としてはずば抜けた国際感覚を持ち合わせていた。

金栗実次 : 中村獅童さん

 

View this post on Instagram

 

Shido Nakamuraさん(@shido_nakamura)がシェアした投稿

四三の実兄の金栗実次。病弱だった父の信彦に代わって金栗家を支えた人物。厳しい家計にも関わらず学費を用立てて四三を進学させ、 頑固で激しい一面もあわせ持ちつつ、四三を裏で支えて応援し続けました。

スポンサーリンク

まとめ

 

上記キャストの他にもシャーロット・ケイト・フォックスさん、古舘寛治さん、ピエール瀧さん、杉本哲太さん、大竹しのぶさん、役所広司さん、ビートたけしさん、森山未來さん、神木隆之介さん、橋本愛さん、岸田和伸さん、川栄李奈さん、松尾スズキさん、山本美月さん、荒川良々さん、小澤征悦さん、坂井戸けん太さん、満島真之介さん、武井壮さん、平泉成さん、田口トモロヲさん、白石加代子さん、近藤公園さん、宮崎美子さん、池波志乃さん、井上肇さん、高橋洋さんなどそうそうたるメンバーが出演されている大河ドラマ『いだてん』!

2019年1月から全47回で放送されます!

来年1月が楽しみで仕方ないですね(〃∇〃)b

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。