飲みかけのペットボトルはその日のうちに!!冷蔵庫を清潔にして食中毒の予防をしよう!

雑談

2018年の今年は例年より関東地方の梅雨明けが早かったですが、これからだんだん暑くなっていくので、食中毒が怖い季節でもありますよね!!今回は、ちょっと真面目な話題に触れていきたいと思います!!

良く飲みかけのペットボトルはすぐに雑菌が増えるので、その日のうちに飲んでしまいましょう。なんてテレビで言われていますが、実際は次の日も飲んじゃったりする方も多いと思います。何故にペットボトル飲料はその日のうちに飲まないといけないのか、次の日になるとどのくらいの雑菌が増えていくのか・・雑菌が増えるのは理解しているけど、よく分かっていない・・・そんな疑問を分かりやすく見ていきたいと思います!!

それと、ワタシ的に気になっているのがカレー!!カレーを作って、次の日食べたら食中毒を起こす・・・なんて、テレビで見たことありませんか??加熱しても死なない菌がカレーの中にいて、そのカレーを食べてしまうと大変なことになる・・って!!昔からカレーは次の日が美味しいなんていわれていましたが、加熱しても死なない菌がいるんだったら、とてもじゃないけど気になって食べられない!!(・・;)どんな環境だとカレーを次の日食べたらいけないのか、どうやって保存するのが正しいのかも見ていきたいと思います!

あとは、食品の保存の基本となる冷蔵庫!!冷蔵庫をきちんと綺麗にしておかないと、いくら冷蔵庫に保存しているから大丈夫!!なんて思ってても、その冷蔵庫が原因でカビや雑菌が増殖したり・・・なんてこともあるらしいので、冷蔵庫の掃除に関する大事なポイントも合わせて見ていきたいと思います(о´∀`о)b

 

スポンサーリンク

食中毒を予防して健康に夏を乗り切りましょう!!

ペットボトル飲料の正しい飲み方

夏になると、ついつい水分を多く摂りがちですよね!今は自販機やコンビニがとても身近にあって、すぐに飲み物が手に入っちゃうので、カバンにペットボトルの飲み物を入れています!!って方も多いと思います(о´∀`о)

ペットボトル飲料の正しい飲み方について調べてみました!!

口をつけたペットボトル飲料はどのくらい菌が増えるの?

実験対象は、500mlペットボトル飲料の「保存料無添加の麦茶」と「糖分の入ったスポーツ飲料」の2種類。一度ふたを開けたペットボトル飲料で、「直に口をつけて飲んだ場合」と「コップに移し替えて飲んだ場合」、それぞれの細菌の量を比較します。

【実験条件】
・室温27℃、湿度85%の部屋に置き、5歳の女児に2時間おきに計5回、10時間後まで30〜50mlずつ飲んでもらう。
・食事は途中一回、おやつは数回とってもらい、歯は磨いていない。
・2時間ごとの一般細菌数を検査し、さらにそのまま24時間置いた状態も検査。

結果的には、

(株式会社エフシージー総合研究所 環境科学研究室 実験データより)出典元:https://iko-yo.net/articles/326

口をつけたペットボトル飲料は時間の経過とともに細菌が上昇しています。麦茶の方が、細菌が増えるという衝撃の結果にびっくりしたと思いますが、保存料無添加という条件のせいで雑菌が麦茶のほうが増えたそうです。スポーツ飲料はpH(水素イオン指数)が酸性のため、細菌の増殖速度がやや遅くなったとも考えられるそうです。

いずれにせよ、水やお茶だから大丈夫だよ。という変な思い込みは厳禁だということが言えます。糖分が多いジュースの方が細菌が増えるでしょう!と私自身も思っていましたが、水やお茶も危険だということが明確にわかったと思います。

ペットボトル飲料はどうやって飲んだほうが良いの?

できるだけペットボトル飲料もコップで飲むか、それが難しい場合は、なるべく早く飲んでしまう。もしくは口をつけずに上を向いて口に注ぎ込む!!この方法を取ったほうが良いと言えますね!!

特に小さな子が飲むとどうしても口の中のものが逆流してしまいます。小さいお子さんがいる方は尚更ペットボトルの飲料に関しては気をつけたほうが良いと思います!

 

カレーで食中毒にならないためには??

カレーなどで食中毒を起こす原因はウェルシュ菌という細菌です!!

ウェルシュ菌の潜伏場所は?

ウェルシュ菌は、土や水の中、健康な人や動物の腸内など自然界に幅広く生息している細菌で、特に牛・鶏・魚が保菌していることが多い。

何故カレーなの??

ウェルシュ菌は空気が嫌いな細菌のため、粘性の高い煮込み料理を寸胴鍋で作ると、鍋底の酸素濃度が低くなるためウェルシュ菌の好きな状態に!酸素の少ない”鍋底”近くでは増殖します。

よって、「カレー」「シチュー」「スープ」などの大量調理には特に注意が必要です!!

菌の特徴

  • 酸素(空気)がないところでも増殖する。
  • 100℃、6時間の加熱にも耐える”芽胞”を形成する。
“芽胞”を一度作ってしまうと、通常の加熱では死滅しません。
そうなる前に、調理中はよくかき混ぜ、鍋底にも空気を送りながら加熱しましょう
調理後は早めに食べきり、室温で放置せずに残りを保存する場合は速やかに粗熱を取って冷蔵庫に保存

ウェルシュ菌による主な症状

水様性の下痢・軽い腹痛。

腹痛は特に、ガスがたまっているような腹が張っているような感覚が生じることが多くあります。また、下痢は軟便であったり、水様性の下痢であることが多く1日に数回程度と症状は軽く済むことが多いです。嘔吐や発熱などの症状は、まったくないわけではないですが、きわめて少なく、全体としても症状は1日から2日で回復します。

重篤な症状

小さい子供や高齢者では症状が強く出ることがあります。まれではありますが、粘血性の下痢を日に十数回起こす例もあります。

また、ウェルシュ菌は壊死性腸炎といった、腸の感染と壊死を引き起こす、致死的な重症の病気を引き起こすことがあります。これと関連して敗血症になり、突然死する例もあります。

ただし、この重篤な症状を引き起こすのは、多くの場合ウェルシュ菌のC型と考えられています。

一般的なウェルシュ菌の食中毒を引き起こすのはA型のウェルシュ菌です。

一般的には致死率のとても低い病気ですが、突然死などの可能性があることを考えると、特に子供や高齢者などは油断ができない病気と言えます。

ウェルシュ菌食中毒を家庭で防ぐ4つのポイント

  • カレーなどの煮込み料理を作るときは、よくかき混ぜながら中心部まで空気が触れるようにして、よく加熱する。
  • 保存は小分けして、中心まで急速冷脚
  • 調理後から食べるまでの時間を短く
  • 保存されていた食品はしっかりかき混ぜながら温め直して食べる

 

冷蔵庫を綺麗にして食中毒を予防しよう‼

「冷蔵庫に入れておけばカビの心配は要らない」なんて思っていたら、大間違い!!冷蔵庫は意外にも、カビが発生しやすい場所なんです・・・

湿気の多い場所に繁殖すると思われがちなカビは、微生物の中でも特に、水分が少ない状態でも生育でき、発育温度も5~35度と広範囲。家庭用冷蔵庫内(約0~10度)や冷凍庫(約-18度)でも、増殖率は低下するだけで、完全に死滅するわけではなく、冷蔵庫から取り出したとたんに増殖しちゃうんです(・・;)

間違った掃除は食中毒の原因に???

冷蔵庫の掃除といってもどうしたら良いのか分からないという方は結構いらっしゃいます。
間違った方法で掃除をすると菌が繁殖し、食中毒の原因になってしまうかも?!

冷蔵庫を水拭きすると菌が増加する?!

冷蔵庫を掃除する時、ふきんで水拭きしていませんか?
大体の方が行っているこのやり方では冷蔵庫を綺麗に掃除するどころか、かえって菌を増やしてしまいます!!

アルコールなどを使って綺麗に拭きましょう!!

その時のポイントとしては、ふきん自体に菌が繁殖している場合があるので、きちんと除菌したふきんを使う。もしくは、キッチンペーパーを使って拭くのも良いと思います(о´∀`о)b

野菜室は特に綺麗に!

野菜室に野菜の皮やカスが落ちていたりしますよね??それをほったらかしにすると、菌が増殖する原因に!!野菜室は温度が冷蔵庫より高いこともあり、特に念入りに掃除をしましょう。

冷蔵庫のパッキンでも菌は繁殖??

意外にも冷蔵庫のパッキンが菌の温床となることも??歯ブラシなどを使ってパッキンの汚れも綺麗に落としましょう!この掃除の際もきちんとアルコール消毒をするなどして除菌することも忘れないようにしたいですね!!

 

スポンサーリンク

まとめ

私が気になる食中毒の原因について今回調べてみましたが、その他にもたくさんの原因があります!!

しっかりと手を洗う。出来るだけ生のものは食べない。食べる時は新鮮なものを!などの基本的なポイントはしっかりと抑えつつ、上記のことにも気をつけて健康に夏をお過ごし下さいね(о´∀`о)b

 

 

コメント

error:Content is protected !!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。